肉欲に溺れたい時には ~マロリーポークステーキ~

珍しく、2本続けてのブログ
というか、本当はこっちのネタの方が先だったんですが、色々思うところあって公開が逆になりました。

さて、唐突ですが昨年から自動車レースのF1に角田裕毅選手が参戦しています。
TsunodaYuki20201111-thumb-600xauto-242303.jpg
現在、22歳。デビュー当時は弱冠20歳という若さ。
現在、日本人だけではなく歴代全F1ドライバーの中で「唯一の2000年代生まれ」です。
昨年はデビュー戦でいきなり9位となり、日本人として唯一のデビュー戦入賞という快挙を成し遂げますが
(ただし、10位まで入賞という規定に変わったのは最近の為、デビュー戦最上位となると87年の中島悟、97年の中野信治の7位になる)
第2戦の予選・決勝のクラッシュから歯車が狂い、中盤まで結果が伴わない苦しいシーズンを過ごしますが、チームの理解と先輩ドライバーであるアレクサンダー・アルボン選手がコーチ役に就いた頃から次第に落ち着きを取り戻し、
最終戦では表彰台まで僅かに届かなかったものの自己最上位、4位に入賞しました。



2年目のシーズンとなる今年、開幕戦から成長を感じさせる走りで、順調にポイントを稼ぎ、非常に楽しみなシーズンを過ごしております。
そんな角田選手、昨年の不振時に、苛立ちからチームとの無線で罵声を浴びせる事が多く、本人も今では深く反省しているようなのですが、他のドライバーからは「なんだ、角田の無線は?コイツ、面白いぞ!!」と話題になってしまったようで、マクラーレンのランド・ノリス選手などは「自分がF1チーム作るとしたら、誰をドライバーに選ぶ?」と問われ「ハミルトン、フェルスタッペン、アロンソ、サインツ…あと、角田かな?無線面白いし」とネタ枠とはいえ、名前を挙げる程です。

どうやら現在最年少ドライバーという事もあり、F1ドライバー仲間からは「末弟分役」として可愛がってもらっている模様。
中でも同じアルファタウリのピエール・ガスリー選手とはチームの後輩でもあり、自分がかつて日本でレースをした事もあってか、チームの広報動画などでも仲の良い(怪しい?)様子を見せてくれています。

ちなみに角田選手、後日他のドライバーに「ガスリーの住所教えて」と聞いたら「ユウキにだけは絶対教えるなってガスリーに言われてるからダメ」と断られたそうなw

その角田選手、食いしん坊としても有名w
ドライバーたちに将来の夢を問うて、皆「WorldChampion」と答える中、ただひとり「レストランの開業」と答える程(マテコラ)

そんな角田選手が、こんなモノを食べようとしたそうで


ほほぅ…2㎏のステーキですか。

そんな角田選手に是非行っていただきたい店がありました!!

※ここまで、なが~い前振りですw


YouTubeを見ていたら、流れてきたお店です。
角田選手もご満足の2㎏のステーキもあります!!w
7~8人でシェアなんて注意書き、角田選手には関係ないでしょう、多分!!
たまたま、大手町に用務先があったので、大手町店に先日行ってみました。
地図で見ると、大手町駅からは一旦地上に出なくてはいけないように見えますが、実際はビルの地下同士が接続されているので、雨の日でも大丈夫。
オーダーは卓上のQRコードを読み取って、スマートフォンでどうぞ、との事でしたが、スマートフォンがなくてもお店の方に直接オーダーもできるので、非スマホ派の院長も安心w
なお、クレジットカード払いをご希望の場合はこのQRコードからしか処理ができないそうなので注意です。
私が頂いたのは高尾山セット(270g)
220427_121123.jpg
ホームページには何故か表記がありませんが、これよりひとまわり小さい日和山(200g)セットというのもありました。
ソースは付属していますが、卓上に塩やわざび、マスタードなども用意されているので、色々な味を楽しめます。勿論、大満足のお味。
ステーキというととりあえず牛や鶏を思い出す私ですが、豚のステーキというのもいいものです。
今度行ったら、富士山級くらいは試してみたいなぁ~
10年前ならキリマンジャロ級はいけた気がするw

角田選手、秋に日本GPで帰国された時には、是非オリンポス級を!!w
220427_122434.jpg

今、齧歯類がアツい!!~カピバランドPUIPUI~

本日、久々に都内の方まで出張に伺ったのですが、時間的にそのまま戻っても営業時間はあまり残らないのが明らかだったので、少し思案した結果、そのまま前進。
多摩川を越えて神奈川県へ。
「COCOCHI BURGERS」さん(閉店済)以来、久々の神奈川編です。

皆様も動物系のカフェはご存じだと思います。
猫カフェ、犬カフェ、ふくろうカフェなんてのもありますね。
私も猫カフェに何回か、印西にあるHOGOKEN CAFEさんにもちょいちょい寄らせていただき、癒されております。

今回伺ったのは、そんな誰でも思い付きそうな動物ではありません。
はるばる横浜市都筑区へ。最寄り駅は横浜市営地下鉄、センター南駅。
当院最寄りの三咲駅からですと津田沼から総武線快速でそのまま横浜へ、そこから地下鉄に乗り換えになるでしょうか?
そこから更にバスですね。


…うん、遠いな(・∀・;)
お車のご利用をお勧め致します。
コインパーキング、近隣にありますし。
でも、ご安心下さい。お店の方によりますと、定期的に四街道からいらっしゃる常連様がいるとか(安心とは?)

動物系のお店でありがちな、脱走防止柵を越えてお店に入ると、いきなり


ででんっ!!
220521_173902.jpg
220521_173902 (1).jpg

カピバラさんです(・∀・)

はい、今回伺ったのはカピバランドPUIPUIさん。
動物園などで触れ合える施設はあると思いますが、店舗としてカピバラさんと触れ合える場所はあまりないのでは?

お店の方から注意を受け、カピバラさんのおやつのビスケットを頂いてからカピバラさんとご対面。
女性に人気のキャラクターにカピバラさんなんてのがありますし、齧歯類、つまりネズミの仲間のせいか、小さくて愛くるしい動物だと思われると思いますが、実物は


デ・カ・イ
220521_174607.jpg

この子は4歳の大人だそうですが、体重は70㎏あるとか。
成人男性と同じくらいですね。

220521_173026-1.jpg
馬面です。ネズミなのに

先代の三遊亭円楽師匠もびっくりですw
でも「基本的には」とっても大人しい動物です。寝ている時に触っても怒りません。
「基本的には」マイペース、おやつを食べたい時には「その手のビスケット下さいな」とばかりに鳴いて顔を向けますが、
220521_173002-1.jpg
その気がない時は口の前まで持っていっても見向きもしませんw

さて、何故「基本的には」と但し書きを付けたのか?なんですが…
とっても賢いんですよ、カピバラさん。
オプションで買えるサトウキビを見たとたん、目の色変えます。もうカピまっしぐらですw
「くれ、くれ!!」とばかりに離してもらえません。

え?何故カピまっしぐらの写真がないかって?
カピまっしぐら状態の時は写真撮る余裕なんてないんですよ、イヤ、マジでw
そしておいしいおやつをくれるいい人だと思うのか、それ以降はめっちゃ甘えてきます。
甘える時に指を甘噛みするらしいのですが、めっちゃされます。
220521_182029.jpg
(手に着いたサトウキビの味を求めているだけかも?)
甘噛みといっても結構痛いですw
でも「あー俺、今、カピられてる…」感は凄くしますw
※怪しげな造語を作るのはやめましょうw
指を離すと「あのですね、服をカジカジしてもいい?」と言いたげな目で見てきます。
カピバラさんに限らず、動物系のお店に行く時は汚れてもいい服を着用するのは必須ですね。
ちなみに逃げても、逃げても、スカートをカジカジされたお客さんもいたとか。気に入られたんでしょうねぇ~
ちなみに靴紐もカジカジするの大好きらしいので、紐靴じゃない方がいいかも?

ちなみに「カピバラ飼いたい!!」という方も多いそうですが、お店の方によると「個人では相当余裕がある人でなければ、まず無理」だそうです。
そりゃそうですね。70㎏の体重、時に50~60㎞/hで爆走する事もある脚力があるそうです。人にぶつかったら人身事故です。えぇ怪我します。
そのうえ、毎日お風呂とか、お水は飲用・水浴び用・トイレ用が必要とか、日光浴も必要だけど長くはよくないとかお世話が大変だそうです。
ですが、なかなか触れ合える機会がない動物ですし、こういうお店でカジカジしてもらうのもいい経験かもしれません。


齧歯類の時代、きてるかもしれません(そうか?)

追悼 西村京太郎さん

本日、小説家の西村京太郎さんがお亡くなりになったとの報道がありました。

西村京太郎さんといえば、十津川警部シリーズに代表されるトラベルミステリーを数多く書かれた方。
今日は私、外部業務先にいたのですが、訃報が伝わった瞬間その場にいた読書好き、鉄道好きの方が全員絶句した程、存在感がある小説家、トラベルミステリーという分野の牽引者であったといって過言ではないでしょう。

私も10代から30代前半まで、多くの作品を読ませて頂きました。
近年は正直、作風が変わられた(というより、トラベルミステリーに縛られてしまったようにお見受けしました)ように感じ、新刊から遠ざかっていましたが、それでも過去に読んだ作品が色褪せる事はありません。

ですが今日、私が「院長お勧めの西村京太郎作品って何?」と訊かれて、答えたのはトラベルミステリーではありませんでした。

私が西村京太郎さんの作品で一番好きなのがこちらです。


D機関情報
220306_225721.jpg
ご覧の通り、何度も何度も読み返した本なので、私の蔵書はボロボロです。

太平洋戦争の敗色が濃くなりつつあった昭和19年、海軍中佐関谷直人は中立国スイスでの戦略物資購入という密命を帯び、日独連絡の潜水艦に便乗し、欧州へ向かう。
長い航海の末、ドイツに到着した関谷中佐は現地で協力してくれる筈だった兵学校時代の旧友、矢部中佐が謎の死を遂げていた事を知る。
旧友の死に不審を感じつつ目的地のスイスに向かう関谷中佐も、道中の事故で戦略物資購入資金として持参した金塊が入ったトランクを紛失してしまう。
トランクを取り返そうとする関谷中佐は、スイスで暗躍する各国スパイの諜報戦に飲み込まれてゆく…
誰も信じられぬスパイ達の中で、同じ志を持つと思っていた亡き旧友、矢部中佐が何を想い、何の為に命を落としたかを知り、敵国である米国の諜報機関「D機関」に接触する…


西村京太郎さんをトラベルミステリーの作家さんとしか知らない方にとっては戦時中が舞台で軍人が主人公という時点で新鮮な作品かもしれません。
本作は1988年に映画化もされていますが、やっぱり作品に引き込まれるのは原作でしょうか。

現在、ウクライナとロシアの間で戦乱も起きています。
作中にある<本分ニモトル事ナキカ>という言葉も踏まえ、国を守るという事、平和という事を考えながら読み、今の戦乱を見つめ直せば、違うものも見えてくるかもしれません。


享年91歳。
トラベルミステリーの取材で全国を回られていたでしょうから、身体も丈夫だったのでしょう。大往生といっていいお歳でした。
正直なところ、鉄道は勿論、交通機関も高速化・効率化が進み、またネットの発達もあり、西村京太郎さんが得意とされた新たな時刻表トリックは残念ながら生まれる余地がほとんどないと思います。
そういう意味では、交通、特に鉄道が最も面白かった時代にトラベルミステリーを沢山執筆されたのは小説家としては幸せな事だったのかもしれません。

日本で最も愛された小説家のひとりであった、西村京太郎さんのご冥福をお祈り致します。合掌。

感染症時代にソーシャルディスタンスを守りつつ(?)できる外出遊び第1回 「成田空港周辺で飛行機を観よう」

最近、Twitterでの発信が主になってしまい、当ブログは本当に久々の投稿になります。

昨年から、新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的蔓延に伴い、我が国でもこの1年の間に2回の緊急事態宣言が発令され、マスクの品薄問題や、飲食店の営業時間短縮、マスク着用の是非による事件が起きるなど、緊迫した状態が続いております。

このウィルスに関する見解は人それぞれあっていいと思いますし、他人の迷惑にならない限りはそれ応じた行動を個人がとる事を否定はしませんが、他の人の前では政府方針に沿った行動をする、という原則は皆様に守って頂きたいと思う次第です。


さて、不要不急の外出はなるべく避けるよう、と言われるご時世ではありますが、部屋に引きこもり状態では流石に健康に悪いですし、ストレスも溜まりますので、皆様の健康のお手伝いをしている当院と致しましては、看過できないところもある訳でして。
とは言うものの、繁華街で遊ぼう!!なんて無責任な事も言えませんし、遠出をしよう、なんてのもお勧めはできませんし、場所によっては他県ナンバーの車に嫌がらせをする、なんて嫌な話も聞きますので、抵抗があるところ。

最近では「ひとりキャンプ」など、ご時世に合った遊び方を提案されている方も多いですし、当院としても何かご提案できないかな?と考え、今回から「感染症時代にソーシャルディスタンスを守りつつできる外出遊び」のご提案をしてゆこうと思う次第です。

…まぁ、ネタ切れ以外で、この企画が「第1回」で終わるのがベストなんですが。


今回は当院周辺からなら、1時間程で行ける、成田空港周辺で飛行機見物ができるスポットをご紹介します。
(企画の関係上、自家用車等による移動を前提としたご案内になりますのでご了承下さいませ)

まず、今更ですが成田空港の場所ですがこちらになります。


当院がある船橋市北部からなら、国道464号線を成田まで走り、そこから国道408号線、国道295号線と進むのが最も近くて楽なルートだと思います。
特に国道464号線は印西市に入ったあたりから印旛沼の手前まで信号がない側道がありますので、非常に走り易い道です。
(高速道路ではありませんので、制限速度は守って安全運転を!!)
参考動画


「飛行機見たいなら空港の展望台で見ればよくね?」という方もいらっしゃると思いますが、展望台だとどうしても見られる方向が限られますし、空港駐車場もなかなかお高いですし、食事をする場所となるとこれもまたお高かったりと、あまりコストパフォーマンスがよくないと思うのは私だけではないと思います。
成田空港の場合、行政側が航空ファンへの理解があるのか、飛行機の見物や撮影に適したスポットが複数整備がされており、その駐車場は全て無料なので、使わない手はありません。

本当は航空科学博物館がA滑走路南端にあり、展望台が飛行機を見るには最適といっていい環境なのですが、
(しかも時期にもよりますが、係の方が離着陸機の解説をしてくれる!!)
屋内という事で、今回の趣旨からは外れますので、敢えて外します。
(ですがお勧めポイントではあります)

まず、現地に行く前に意識して頂きたいのは「当日の成田空港は北風運用か?南風運用か?」です。
意外にご存じない方も多いのですが、飛行機は原則的に向かい風で離陸も着陸もおこないます。
成田空港はA滑走路・B滑走路共に並行しているので、同じ運用をします。

20210412a.jpg


当日の成田周辺の風向きを見て、どちらかを把握する…と、言いたいところですが、面倒なので(笑)
以前当ブログでもご紹介したFlightradar24で飛行機がどちらの方向から離着陸しているかを確認しておくといいでしょう。


20210412-2.jpg
この画像の場合だと、A滑走路を南に向かって滑走している飛行機がいて、隣の誘導路を滑走路北端に向かっている飛行機が居るので、南風運用をしている事がわかります。
もっとも、途中で風向きが変わる事もあるので事前に確認した時と運用が変わっている事も多々あるのですが。
Flightradar24はスマートフォンアプリにもあるそうなので、現地で離着陸する飛行機を確認しながら見物すると一層楽しめると思います。


さて、飛行機見物お勧めポイントをご紹介してゆきます。



210411_132713.jpg

国道51号線沿いにある、最も車でアプローチし易いポイントだと思います。
バス停もすぐ傍にありますが本数はあまりないようです。

B滑走路北端近くにあり、南風運用時の離着陸が間近に見えます。
北風運用だと着陸した飛行機はすぐ近くで見えると思いますが、離陸の際は高度が高くなってしまっているかもしれません。
(機種やその時の機体重量にもよると思います)

着陸するピーチエア Airbus A320-214型機
IMG_9119.JPG

離陸直前のジェットスター・ジャパン Airbus A320-232型機
IMG_9124 (2).JPG 

また、この場所にはターミナル毎に、どんな航空会社の飛行機が来るのか、解り易い解説板があるので調べながら見るのも一興です。

210411_132821.jpg
210411_132828.jpg




おそらく成田空港周辺で最も有名な飛行機見物スポットだと思います。
空の駅さくら館という施設が併設されており、中には飛行機関連のグッズ・お土産物(飛行機の座席まで!!)や大きな飛行機の模型も展示されているほか、地元の特産品なども販売してますし、屋台が出る事もあるようです。
こちらもバスでアプローチする事も可能なようですが、やはり便利という程の本数はないようです。

A滑走路北端近くにあり、こちらも南風運用時の離陸・着陸がよく見えます。
着陸時のタイヤが熱した臭いまで流れてくる程、迫力あるスポットです。
今回は風向きや時間帯がよく、こちらでは非常に多くの飛行機を見る事ができました。

滑走路に進入し、離陸してゆく大韓航空 Airbus A330-323X型機
IMG_9164 (2).JPG
IMG_9165 (2).JPG

着陸する全日空 Boeing 787-9型機
IMG_9178 (2).JPGIMG_9180 (2).JPG

着陸する大韓航空 Boeing 747-8HTF型機(貨物機)
IMG_9181 (2).JPG

離陸の為に滑走路に進入する春秋航空日本 Boeing 737-8AL型機
IMG_9187 (2).JPG

離陸の為に滑走路に進入するアエロ・ロジック Boeing 777-FZN型機(貨物機)IMG_9192 (2).JPG

着陸するアトラス航空 Boeing 747-4KZF/SCD型機(貨物機)
何故か真っ白です。
IMG_9196 (2).JPG

着陸進入するエア・カナダ Boeing 787-8型機
IMG_9201 (2).JPG

滑走路に向かうカーゴルックス・イタリア Boeing 747-400F型機(貨物機)
IMG_9205 (2).JPG

偶然ですが、非常に珍しい航空会社の飛行機も見る事ができました。
滑走路に向かうシルクウェイ・ウェスト・エアラインズ Boeing 747-83QF型機(貨物機)
※現地にいた航空ファンの方によると、成田には年に数回しか飛来しない、アゼルバイジャンの航空会社だそうです。
IMG_9211 (2).JPG

着陸するルフトハンザ・カーゴ Boeing 777-FBT型機(貨物機)
IMG_9213 (2).JPG

着陸する全日空 Boeing 787-9型機(スターウォーズ特別塗装機)
IMG_9220 (2).JPG

着陸するアトラス航空 Boeing 747-47UF/SCD(貨物機)
先程も出てきたアトラス航空ですが、先程の機体は真っ白だったのに、今回はちゃんと塗装してあるのが面白いですね。
IMG_9226 (2).JPG

着陸する全日空 Airbus A380-841型機
東京-ホノルル線用として3機就役した全日空のA380型(これは1号機のようです)ですが、現在は世界的な旅客需要激減という事で運用を休止していましたが、この日は国内向けクルーズフライトとして、成田を出発し、宮崎~熊本~淡路島~長野~山形上空を回って成田に帰着するというルートで飛行したそうです(これも現地航空ファンの方からの情報です)IMG_9231 (2).JPG

この日はA380のフライトがあったせいか(着陸後ゾロゾロと帰る人が多かったです)ここに集まった方は予想以上に多く、正直ソーシャルディスタンス的にはどうなのかと思わなくもなかったですが、特別な飛行機が飛ばない限りはここもそれほど心配はないのかな?という気がします。
私が行った際は季節が終わってしまっていましたが、その名の通り桜の名所でもあるそうなので、タイミングが合えば飛行機と桜の競演という日本らしい絵が見られるかもしれません。


210305_135036.jpg


こちらはA滑走路南端近くにあります。
さくらの山と違い、売店等はありませんが、その分ゆっくり見る事はできそうです。
バスで訪れる場合は最寄りバス停から約10分歩くようですし、本数もあまり多くはないようなので、ちょっとハードル高いかな?
ここも桜の木がありましたので、季節によってはお花見がてらもいいでしょう。

滑走路南端なので北風運用の時の方が飛行機はよく見えそうなのですが、この日は残念ながら南風運用でした。
南風運用時の着陸機は、手前で滑走路から外れてしまうのでほぼ見られないと思います。

離陸上昇中のジップ・エア Boeing 787-8型機
IMG_9240 (2).JPG

離陸上昇中のユナイテッド航空 Boeing 787-9型機
IMG_9245 (2).JPG

離陸上昇中のベトナム航空 Airbus A350-941型機
IMG_9265 (2).JPG




三里塚さくらの丘からすぐの場所、車で1分程度しか離れてませんが、滑走路端よりさらに南側になるので、
やはり南風運用時がメインになると思います。
バスで訪れる場合は航空科学博物館から徒歩になるようです。
整備区画が目の前なので、駐機している機体がよく見えます。
IMG_9275.JPG
中央にいるのは日本貨物航空のBoeing 747-8F型機ですね。

さくらの丘とは少し違うアングルで離陸する飛行機を見る事ができます。

離陸上昇するエアカナダ Boeing 787-9型機
IMG_9278 (2).JPG

時間的に離陸が少ない時間だったのか、ここではほとんど写真は撮れず、でした。

なお、ここにはハートのモニュメントが設置されています(何故?)
210305_131424.jpg
地面にもハート
210305_132242.jpg
恋愛成就の御利益でもあるのでしょうか?(笑)


5.東峰神社

最後にちょっと変わったスポット。
IMG_9145.JPG
地図でご覧頂いた方がよく解ると思います。

なんと、B滑走路南端の先にあります。
勿論、ちょっと土地が窪んではいますが、まさにすぐ向こうは滑走路という場所。
実はここ、成田空港反対闘争の折に用地買収できなかった場所だそうで、数年前までは立ち寄るだけでも警察の職務質問を受けたそうですが、今は普通に訪れる事ができます。
ただ、駐車場がある訳ではなく、神社に続く道(左右はフェンスに囲まれています)が少し広くなった場所があり、車を停める事ができるだけなので、長時間の滞在はお勧めできません。
(場所の経緯を考えると、短時間滞在で済ませる方が無難でしょう)
場所からご想像いただけるかと思いますが、ここは「飛行機のお腹」を間近で見られる場所です。
この日は南風運用でしたので、離陸機が見られる形になります。

ジェットスター・ジャパン Airbus A320-232型機
IMG_9143 (2).JPG

北風運用の時は、着陸機がもっと低い高度で目の前を通過するので、愛車と一緒の写真を撮る方も多いとか。
画像検索すると大迫力の画像が沢山出てきますね。



いかがでしたでしょうか?
航空需要の激減により、発着機数も以前に比べて大幅に少なくなっていますが、逆に言えばお弁当持ってピクニック気分で遊びに行くにはよい場所かと思います。
また、世界中の航空会社が経営危機にあるとも言われており、今まで普通に日本に就航していた航空会社も経営破綻してもう二度と見られない…という事もあるかもしれません。
そういう飛行機を目に焼き付けて、あるいは記録に残すのもいいかもしれません。
ご興味を持たれた方は、是非足を運んでみて下さい。

※カメラの望遠は大きいに越した事はありませんが、どの場所でも100~200mm前後のレンズがあれば充分撮れると思います。
 スマートフォンだとちょっと厳しいかも。

ラーメン 赤坂味一

調子に乗って今日はもう1本ラーメンネタをあげちゃいます。

以前から気になっていたラーメン店がもう一軒。
国道14号線、船橋市役所近くにある赤坂味一さん。
私の記憶では20年以上やっているお店だと思います。
ホームページもないわりに、どのラーメン系の情報サイトでも高評価。
先日、ちょうど市役所に行く用事があったので、ついでに寄ってきました。

行ってみて驚いたのは昼時にもかかわらず、並んでない…空いてるのかな?と思いきや、
扉を開けるとお客さんがドーン!!満席でした。
(私が行列ひとりめw)

少しだけ待って入ってみると、メニューはシンプルに中華そば・チャーシューメン・メンマラーメン・メンマのみ。
今回はチャーシューメンを注文。

画像


最近はとんこつ醤油とか、味噌とか、本当に凝った味のラーメンが流行ですが、こちらは本当に昔ながらの「中華そば」
あぁ、ラーメンってこんな味だったなぁ~と思い出させてくれる味で、高評価にも納得です。

たまにシンプルなラーメン…否、中華そばを食べたくなった時にはいいお店ですね。

拉麺阿修羅

最近、どうもコレというブログネタがないなぁ…と思っていたところ、ブログでご紹介したお店が次々に閉店。
いや、これは困った…もう少しネタが欲しいと思っていた時にTwitterで見付けたのが拉麺阿修羅さん

胡麻ラーメンのお店です。
普通のラーメンの他にもつけ麺もあります。

画像


私がよく食べるのは汁なし胡麻らーめん

画像


正直、ちょっと辛いですが、辛いもの好き(甘いものも好きですが)な私にはちょうどいいくらい。
麺を味わったら、汁なし胡麻ラーメンに無料で付いてくる追い飯を頂いて、残りダレに入れて頂きましょう。

既に友人知人を3人程連れて行きましたが、全員から好評のお店です。

松戸市みのり台 成都坦々面

最近、どうもブログネタがなく、さらにこの数ヶ月バタバタしていて、更新が滞ってました。

今日ご紹介するのは、たまにTwitterでお伝えしている、松戸市みのり台にある「成都坦々面」さんです。
ちなみにこの「面」という字は誤植ではございません。

成都坦々面


坦々麺のお店ですが、一応、辛くない普通の麺類もあります。
(食べた事はないけど)
私、坦々麺が結構好きなのですが、最近コレだっ!!という坦々麺に出会えず、少々(´・ω・`)な状態だったのですが、ここの坦々麺は久々の大当たり!!
辛さといい、麺といい、もちろん味も満足。

私のお気に入りは写真にもある汁なしの成都坦々麺。
「激辛」とあったので、最初に頼んだ時はビビって辛さ控え目にしていただいたのですが、控え目でも充分過ぎる程辛いです。
(普通の辛さ?試す度胸はありませんw)
麺類だけではなく餃子なども美味しく、行列ができるのも納得のお店です。