STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

今回は久々にアニメをご紹介します。

現在、UHFやニコニコ動画などで放映されている「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」です。

この作品も以前ご紹介したCLANNADと同じく、ゲームをアニメ化したものです…と言っても、私は原作のゲーム版を知らないのですが。


舞台は2010年の秋葉原。
「狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院凶真」と名乗り、誰も知らない「機関」と戦っていると自称する、ちょっと「イタい」主人公の大学生、岡部倫太郎は幼馴染の椎名まゆりや友人の「ダル」こと橋田至と共に、秋葉原に「未来ガジェット研究所」というサークル(?)を作り、用途不明(そして役に立つようで立たない)の発明品を日々開発している。

夏のある日、ラジ館(ラジオ会館)でおこなわれる中鉢博士のタイムマシン理論に関する講演に足を運んだ倫太郎は、18歳でアメリカの大学を飛び級で卒業し学術雑誌に論文が掲載される程の才女、牧瀬紅莉栖が何者かによって刺殺されているのを発見する。
だが、それをダルにメールで知らせようと送信ボタンを押した瞬間「異様な感覚」と共に岡部の周囲が静寂に包まれ、秋葉原の街から人影が消える…
まゆりと合流した倫太郎は、ラジ館に人工衛星と思しき物体が落着し、自分と周囲の人々との記憶に齟齬がある事に気付く。そして「生きている」と紅莉栖と再会する。

未来ガジェット研究所に戻った倫太郎は、開発した「電話レンジ(仮)」を動かしているうちに、この機械がタイムマシンとしての機能を有している事に気付く…


実際の秋葉原の街が舞台であるため、作中のあちこちに実際の秋葉原と同じ風景が見られます。
(「未来ガジェット研究所」の所在地とされているビルも実際に存在する建物とか)
少しだけネタばらししてしまえば、いわゆる「中二病」な倫太郎、「HENTAI紳士」なダル、「天然」なまゆり、そして「隠れねらー」な紅莉栖など、序盤から中盤までは「なに、この壊れた人達」という感じだったのですが、中盤の急展開から倫太郎は苦悩し急にカッコよくなります。
そして物語が進むにつれ、物語の中で描かれていた様々な謎が一本の線で繋がってゆき…断言します、この作品を終盤まで観た方は第一話を何回も見直す事になるでしょう。
そうそう、主題歌の「Hacking to the Gate」ですが…この曲を23話を見終えてから改めて聞いて、本当に鳥肌立ちました。
現在、放映はもうすぐ最終回(多分)ですが、ニコニコ動画で第一話と最新話が配信されていますので、ご興味ある方は第一話をご覧になってみるのは如何でしょう?



続き?それはDVDをレンタルしたりする方法もありますし、他にも…ねぇ?(笑)






シュタインズゲート ねんどろいど 椎名まゆり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シュタインズゲート ねんどろいど 椎名まゆり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブロッコリーメールブロック シュタインズ・ゲート 椎名まゆり
ブロッコリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブロッコリーメールブロック シュタインズ・ゲート 椎名まゆり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブロッコリーメールブロック シュタインズ・ゲート 牧瀬紅莉栖
ブロッコリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブロッコリーメールブロック シュタインズ・ゲート 牧瀬紅莉栖 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック